空家放置のリスク 《1》

2015.12.21 Monday

空家の放置のリスク
  最近、空家の放置が社会問題になっております。全国で820万戸、全戸数に占める割合が13.5%に昇ぼるとのことです。なぜ空家が解体せずに放置されているかという理由の一つに、土地の固定資産税が空家(正確に言えば住居)を解体して、更地にすることにより、6倍に上昇することがあげられます。
  しかし、空家を放置することは所有者に多大のリスクがあります。
(1)老朽化による庇や建物の一部の落下により通行人にケガを負わせる。
(2)火災や不審火の原因となる。
(3)浮浪者や不審者が侵入して犯罪の温床になる。
空家放置の最大のリスクの一つに侵入者による自殺や遺体の放置場所になる可能性があげられます。

空家で自殺
以前、私が売却を依頼された老朽化して放置されていた物件のケースですが、買い手が決まった段階で、過去この家屋で侵入者がいて自殺された事実が判明しました。幸いにも買主さんはこの物件のご近所の方で、この事実を知っておられたので事無きを得たのですが、通常このような場合、値段は大幅に下がります。なぜなら、売却の際は、売主は買主に対してその事実を告知する義務があるからです。(建物を解体して売却しても告知義務は逃れられません)売主がこれを隠して取引すると、不法行為となり、買主に対して損害賠償の義務を負うことになるのです。  (以下続く)

カレンダー

エントリー

過去の記事